screen_plus
 
     
   
     
  Screen plus
スクリーン+プラス
SCREEN特編版
vol.63
発売日:2018/10/5
価格 : 1,200円(税抜き1,111円)
 


  

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.60

表紙
『3月のライオン』
神木隆之介
ぼくのりりっくのぼうよみ/藤原さくら
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.59

表紙
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
福士蒼汰×
菅田将暉小松菜奈
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.58

表紙
『溺れるナイフ』
小松菜奈 ×
菅田将暉
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.57

表紙
『四月は君の嘘』
広瀬すず ×
山崎賢人
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.56

表紙
『HiGH&LOW THE MOVIE』
AKIRA × 青柳 翔 × 岩田剛典
TAKAHIRO ×
登坂広臣
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.55

表紙
『テラフォーマーズ』
伊藤英明×
武井咲×
山下智久
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.54

表紙
土屋太鳳 ×
山阜ォ人
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.53

表紙
土屋太鳳 ×
山阜ォ人
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.52

表紙
佐藤健×
神木隆之介

 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.51

表紙
佐藤健&
神木隆之介
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.50

表紙
野田洋次郎
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.49

表紙
福士蒼汰×
有村架純
 

    Screen plus
スクリーンプラス
vol.48

表紙
松坂桃李×
miwa
 


 

 
 

【巻頭特集】
『億男』

佐藤健 × 高橋一生
NHK連続テレビ小説「半分、青い。」では萩尾律役を、同時期に放送されたTVドラマ「義母と娘のブルース」では麦田章役という全くの別役を演じ、改めてその演技力を高く評価されている佐藤健。映画『嘘を愛する女』など数多くの作品に出演しては観客の心にインパクトを残す演技を見せ、今秋放送開始のTVドラマ「僕らは奇跡でできている」の相河一輝役で民放GP帯連続ドラマ初主演を果たす高橋一生。映画での代表作も数多持ち、俳優界をリードする存在になりつつある2人が映画『億男』でタッグを組んだ。佐藤が演じた一男が宝くじで3億円に当選。使い道を大学時代の親友で起業し億万長者となった、高橋が演じた九十九に相談するも、持ち逃げされてしまい……というストーリー。難役に2人はどう向き合い挑んだのか。インタビューでは何度も笑わせるサービス精神を発揮しつつ、気さくに語り合ってくれた作品の魅力に直撃する。

大友啓史 監督


『旅猫レポート』
福士蒼汰
「図書館戦争」「植物図鑑」などで知られる人気作家・有川浩の小説「旅猫リポート」が、主演に福士蒼汰を迎え待望の映画化! 『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎監督がメガホンを執った今作は、心優しい青年・悟を福士、悟がある事情から飼えなくなってしまった愛ネコのナナの声を高畑充希が演じている。新しい飼い主を探すため日本全国を旅する主人公の悟をどのように演じたのか、福士に撮影秘話を聞いた。


『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』
北山宏光(Kis-My-Ft2)
2014年より集英社「月刊 YOU」に連載され、シュールな世界感と温かいストーリーが人気を博した漫画「トラさん」が実写映画化!! 主人公の売れない漫画家・高畑寿々男 = トラさん、つまりは「猫」役を務めるのは、映画初出演にして初主演、そして初の猫役に挑む、Kis-My-Ft2の北山宏光。コミカルなものからシリアスなものまで幅広い演技力を持ち合わせる北山が、満を持してスクリーンデビューを飾る。寿々男の妻・奈津子役には、独特の世界感を醸し出す実力派女優・多部未華子。寿々男と奈津子の娘・実優には、10歳にして圧倒的な演技力で話題作への出演が相次ぐ子役・平澤宏々路。誰も見たことがない愛のカタチ。もう一度だけ「家族」をやりなおす30日間の物語。その撮影現場をレポートします!!


『あのコの、トリコ。』
吉沢 亮
TVドラマ「GIVER 復讐の贈与者」(テレビ東京)や「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)、映画『ママレード・ボーイ』など出演作が後を絶たず、若手俳優の中でもめきめきと頭角を現している吉沢亮。10月5日に公開される主演映画『あのコの、トリコ。』では、幼い頃から恋をしている幼馴染のために、地味で冴えないメガネ男子から一転、実力派俳優へと成長する鈴木頼役を好演している。作品の魅力とともに、恋愛映画になぞらえた恋愛観も深掘りしてみると──。

新木優子

女性ファッション誌「non-no」の看板モデルのみならず、映画『コード・ブルー —ドクターヘリ緊急救命—』やドラマ『チア☆ダン』(TBS系)など、女優としてもめきめきと頭角を現す新木優子がヒロイン・立花雫役を演じた映画『あのコの、トリコ。』。雫の気持ちに思いを馳せて行った丁寧な役作りや共演者とのエピソードの他、“トリコ”になっているものも語ってくれた。



『ここは退屈迎えに来て』
橋本 愛 × 渡辺大和
22歳という若さながら、映画『PARKS パークス』や『うつくしいひと』など数々の作品で主演を務める橋本愛の最新主演作『ここは退屈迎えに来て』が10月19日に公開される。このインタビューでは、ミュージシャンとしても人気を博し、本作では成田凌が演じた椎名くんに密かな憧れを抱く新保くんを演じた渡辺大知とともに、阿吽の呼吸でトークを展開。2人は何者かになりたい時期があったのか? すごした地元の風景とは。作品への深い思いと愛情を込めつつ語り尽くす。


『ビブリア古書堂の事件簿』
黒木 華 × 三島有紀子監督
シリーズ累計680万部突破のベストセラー小説「ビブリア古書堂の事件手帖」が映画化。今年10月13日公開映画『日日是好日』でも典子役で主演を務める黒木華と、今秋10月から放送予定のTVドラマ「結婚相手は抽選で」にて主役・宮坂龍彦役を演じる野村周平のW主演で11月1日よりロードショー。公開に先駆けて本作のメガホンをとった三島有紀子監督と、ビブリア古書堂店主、篠川栞子役を演じた黒木華にインタビュー。作品に込めたメッセージや撮影秘話、読書家の2人に「人生を変えた本」などについて聞いた。


『ういらぶ。』
桜井日奈子
LINEマンガで話題沸騰、少女部門で月刊1位を記録し累計180万部を突破した大人気コミック「ういらぶ。」が待望の映画化! 幼なじみの優羽が好き過ぎてドSのフリをする超こじらせ男子の主人公・凛をドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」の神楽木晴役で大ブレイク中の平野紫耀(King & Prince)、凛のせいで完全ネガティブ思考のピュアすぎヒロイン・優羽を『ママレード・ボーイ』の桜井日奈子が演じている。大好きな凛からのドSな態度に自信を失った優羽をどのように演じたのか、桜井に撮影を振り返りながら語ってもらった。



『ハナレイ・ベイ』
佐野玲於 × 村上虹郎
2005年に発表され単行本、文庫合わせて累計70万部を超えるロングセラーとなっている作家・村上春樹の『東京奇譚集』の一篇「ハナレイ・ベイ」が映画化。息子を失った母親サチを吉田羊、サチの息子でサーフィンに明け暮れるタカシを佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、サチがハナレイ・ベイで出会うサーファー高橋を村上虹郎が演じている。ハワイで撮影されたという今作の現場エピソードを佐野と村上に語ってもらった。






 

 

 

このサイトの素材・ 画像の無断使用を禁じます。リンクはフリーです。
近代映画社 ©Kindaieigasha Co.,Ltd. All rights reserved.